堤大介のブログ│朝ぼらけタイガー

NPOなど公益組織支援を行うコンサルタントのブログです。ファンドレイジング、NPOマーケティングなどのテーマについて発信しています。

団体の10年後と目の前の子どもの10年後。NPOにとっての中長期視点とは?

団体の10年後と目の前の子どもの10年後。NPOにとっての中長期視点とは?

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。本日は「団体の10年後と目の前の子どもの10年後。NPOにとっての中長期視点とは?」と題し、NPOにとって中長期視点を持つことの意義や必要性について考えてみたいと思います。団体として中長期計画を検討したことがない方やその必要性がイマイチわからないという方にぜひ読んでいただけると幸いです。

続きを読む

デジタルファンドレイジング実践6ステップ【ステップ毎のやるべきこと解説】

デジタルファンドレイジング実践6ステップ【ステップ毎のやるべきこと解説】

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。本日は「デジタルファンドレイジング実践6ステップ【ステップ毎のやるべきこと解説】」と題し、NPOのデジタルファンドレイジングへの取り組み状況を6つのステップに分けて解説します。デジタルファンドレイジングへのチャレンジを検討するNPOの方が、どこから、何を目標に取り組み始めれば良いのかを判断する際の参考にしていただけると幸いです。

続きを読む

NPOでも対応するべきデジタルマーケティングの5つの特徴

NPOでも対応するべきデジタルマーケティングの5つの特徴

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。本記事では「NPOでも対応するべきデジタルマーケティングの5つの特徴」と題し、デジタルマーケティングの基本的な特徴をNPOマーケティングの現場においてどのように理解し、対応するべきかについてお伝えしていきます。先日公開した「デジタルファンドレイジングとは?新たな言葉をどう受け止めるか」の記事の続編として、主にファンドレイジングの文脈に沿って書いていきますが、ファンドレイジングだけでなく、受益者向けのマーケティングにおいても転用いただけるものだと思います。

続きを読む

デジタルファンドレイジングとは?新たな言葉をどう受け止めるか

デジタルファンドレイジングとは?新たな言葉をどう受け止めるか

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。本記事では「デジタルファンドレイジングとは?新たな言葉をどう受け止めるか」というタイトルでファンドレイジングの新たな潮流を表すキーワードについてお伝えしていきます。新たな流行り言葉を殊更に強調したい訳ではないのですが、ここ数年目にする機会が徐々に増えてきていますし、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて自組織のファンドレイジング戦略をWeb活用を中心に練り直そうとしている団体も多くいらっしゃる状況ですので、関連するテーマでの研修講師やコンサルティングをする機会の多いNPO支援者として、各NPOの皆さまにどのようにこの新たな言葉に向き合っていただきたいかを整理してお伝えできればと思います。

続きを読む

マンスリーサポーター制度名称に宿る寄付者とのあるべき関係性③

マンスリーサポーター制度名称に宿る寄付者とのあるべき関係性③

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。「マンスリーサポーター制度名称に宿る支援者とのあるべき関係性」と題し、NPOのマンスリーサポーターのあり方について述べる記事の3回目となります。このテーマでの記事は今回で最終回です。
今回は実際に自組織のマンスリーサポーター制度の名称を考える際にどのようなことを考えれば良いのかを述べていきますが、他団体の事例などこれまでの記事で述べてきた文脈の中でお伝えしますので、第1回、第2回をまだお読みでない方はぜひ第1回からお読みいただけますと幸いです。

 

www.daisuketsutsumi.com

 

 

www.daisuketsutsumi.com

 

続きを読む

マンスリーサポーター制度名称に宿る寄付者とのあるべき関係性②

マンスリーサポーター制度名称に宿る寄付者とのあるべき関係性②

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。「マンスリーサポーター制度名称に宿る支援者とのあるべき関係性」と題し、NPOのファンドレイジングにおいて重要な施策であるマンスリーサポーター制度について考える記事の2回目です。
第1回の記事をまだお読みになっていない方は先に前回の記事をお読みください。

www.daisuketsutsumi.com

 

前回の記事では、マンスリーサポーター制度という施策が持つ特徴を紹介し、マンスリーサポーター制度がNPOにとって強力なファンドレイジング施策になり得ることをお伝えしました。そして、その強力で重要な施策に取り組む上でまずは「団体と寄付者との関係性」を考えるべきだということを述べました。今回は、実際に複数のNPOの事例を取り上げながら「寄付者との関係性」とはどういうことなのかを掘り下げていきます。

続きを読む

マンスリーサポーター制度名称に宿る寄付者とのあるべき関係性①

マンスリーサポーター制度名称に宿る寄付者とのあるべき関係性①

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。本記事では「マンスリーサポーター制度名称に宿る支援者とのあるべき関係性」と題し、近年多くのNPOのファンドレイジング施策の柱となりつつあるマンスリーサポーター制度について考えていきます。現在すでに制度を持っており、サポーターを募っている団体の方にも、これからマンスリーサポーター制度を始めることを考えていらっしゃる団体の方にも、ぜひお読みいただけると幸いです。

続きを読む

【東京+オンライン】「デジタルファンドレイジング基礎ゼミ」の講師を務めます(10/22, 11/12, 11/26)

【東京+オンライン】「デジタルファンドレイジング基礎ゼミ」の講師を務めます(10/22, 11/12, 11/26)

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。オンライン講座登壇のお知らせです。

続きを読む

【オンライン】第4期アクサ地域リーダープログラムwithブラサカの講師を務めます

【オンライン】第4期アクサ地域リーダープログラムwithブラサカの講師を務めます

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。連続講座の講師を担当させていただくことになりました。

続きを読む

改善し続けるための仮説思考4ステップ 〜メルマガ改善PDCA事例解説〜

改善し続けるための仮説思考4ステップ 〜メルマガ改善PDCA事例解説〜

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。私は普段NPO等の公益組織に対するマーケティングをテーマとしたコンサルティングを行うことも多いのですが、本記事ではコンサルティング支援の中でよく聞く悩み「PDCA」について解説を行っていきたいと思います。「改善し続けるための仮説思考4ステップ 〜メルマガ改善事例解説〜」と題し、組織のマーケティング戦略を改善していくにあたって非常に基本的であり重要な考え方であるPDCAサイクルの回し方やPDCAを回す前提となる仮説思考の考え方について、実際のメールマガジンの改善事例を元にご紹介いたします。

続きを読む