堤大介のブログ - 朝ぼらけタイガー

NPOなど公益組織のコンサルタント。NPO関連の話題の他、読んだ本のレビューなどを書きます。

歴史

世界史の中の宗教を知るために読み始めた本4冊

読書をする中でテーマを決めて、関連する本を読むことがあります。 2014年は「歴史」がテーマで、宇宙の歴史から生物の歴史、世界史と少しずつ進めました。 2015年は世界史から派生する形で「宗教、とくに欧米の文化や歴史を知るためのキリスト教」をテーマ…

レビュー:『彦左衛門外記』歴史の虚構性を暴く"まじめにいいかげん"な周五郎の異色作。

本日は、昨年末に読んだ周五郎です。 彦左衛門外記 (新潮文庫) 作者: 山本周五郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1981/09/29 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 年末に読むものって選ぶの毎回迷うんですよね。なんとなく年明けには新年1冊…

レビュー:「梅咲きぬ」いちりき節全開の”人情子育てグルメ”小説

あけましておめでとうございます。 新年一発目の更新ですが、昨年読んだ本です。 感想書いてない読了本が溜まっているので、しばらくは去年読んだ本が続きます。 本日は、山本一力さん。けっこう好きな歴史小説家さんです。 年末も残すところ2、3日というタ…