堤大介のブログ:朝ぼらけタイガー

NPOなど公益組織のコンサルタントによるブログです。

【宮城県】「SNS情報発信講座〜効果的な活用方法を学ぼう!〜」の講師を務めます

スポンサーリンク

f:id:minutes22:20181224165522j:plain

こんにちは。NPOコンサルタントの堤大介( @22minda )です。

宮城県気仙沼市でWebマーケティングに関する講義のご機会をいただきました。

 

 

SNS情報発信講座〜効果的な活用方法を学ぼう!〜

2019年1月26日に気仙沼市で「SNS情報発信講座〜効果的な活用方法を学ぼう!〜」と題する講座の講師を担当させていただきます。

本講座は、気仙沼市民活動支援センター主催の講座で、昨年度も同時期に開催させていただいた講座の2度目の開催となります。

昨年度講座の打ち合わせをさせていただいている際に、「気仙沼市で市民活動向けのWebマーケティングに関する講座は初めて開催する」ということをお話されていたのですが、ありがたいことにご好評をいただき、2年連続での開催となりました。

私自身、大学時代に地域でのボランティア活動やNPO活動をしている中で業界全体にWebの力がもっと必要だ!という問題意識を持ち、新卒でWeb業界に飛び込み力をつけてきたという経緯を持っているので、地方でWebの活用方法に悩まれている皆さまにお伝えできる機会をいただけるのは本当にありがたいです。

今年度も張り切ってお伝えしてきたいと思います!

 

講座の詳細

【会場】気仙沼中央公民館4階会議室

【対象】市民活動を行っている団体・個人

【定員】30名(要予約)※託児あり(事前にお申し込みください)

【料金】無料

【問い合わせ・申込み】

気仙沼市民活動センター

TEL : 0226-22-6600

Mail : k.npokk @ gmail.com

 

地方における市民活動向けWebマーケティング講座の意義

ビジョン・ミッション策定から事業戦略作りやロジックモデル作成、組織作りやボランティアマネジメントなどNPOマネジメントに関して幅広いテーマでコンサルティングや研修講師をさせていただいておりますが、2018年度はWebマーケティング関連の講座のご依頼をいただくことが増えています。特に地方からのWebマーケティングのご依頼の件数が増えていることが特徴的だと感じています。

Webマーケティングそれ自体は地方でも都市でも取り組む内容に違いはありません。そもそも距離による情報格差を超えていくことのできる可能性を持つものがWebというものでした。

とはいえ、実際問題として都市(特に首都圏)と地方ではWebマーケティングの実態には大きな差があります。ITリテラシーや情報感度などが高い人が相対的にも絶対的にも首都圏の方が多いということがまずあると思いますし、いくらWebに関する情報とはいえその情報のやりとりや情報摂取を行わせる空気感は関連した分野にアンテナを貼る人口の密度によりある程度変わってこざるを得ないのでしょう。

そうしたなかで私が感じる課題はWebやITの進化がかえって格差を助長しているということ。情報感度が高く、WebやITが日進月歩に進化していくことの恩恵に与ることのできる層はどんどんと高度なWeb活用を進めていく。その一方で、そこに取り残される層は一切ついていくことができなくなってしまう。これによってWebやITが進化すればするほどに格差が広がっていくという事態が起こってしまっています

WebやITの持つ根本的な可能性を考えるととても残念な事態です。ここ数年で私がWebマーケティングの講師を務めたいくつかの地方では「この地方で初めての(市民活動向け)Webマーケティング講座です」という形で宣伝をいただいているケースがありました。単発の講座一回でお伝えできる情報や、そこから受講者の皆さまが動き出し生み出せる成果にも限りはあるかもしれませんが、それでもどんな状況であれ動き出しがしやすいというのもまたWebやITの施策の特徴といえます。少しずつお伝えする機会を増やし、地方からも情報発信やWebを起点にした課題解決の活動が活発化していけるよう今後も微力ながらやっていこうと考えております。

 

地方からのWebマーケティングや情報発信講座は積極的にお受けしていこうと考えておりますので、ぜひお声がけください。